「 映画館 」一覧

スポンサーリンク
広告_ビッグバナー
NO IMAGE

シネ・リーブル池袋で『劇場版しまじろう まほうのしまのだいぼうけん』を観てきた

シネ・リーブル池袋 > スクリーン2 > 座席I-6~8 にて、13:00の回を鑑賞。今日は映画の日&春休みということで、とっても人が多い。 去年観た『劇場版 しまじろうのわお! しまじろうとにじのオアシス』では途中リタイアだったので、1年越しのリベンジ。子供の1年は大人で言う数年の密度、さすがに平気だろう。 入場時にプレゼントとしてメガホン型の...

NO IMAGE

ヒューマントラストシネマ有楽町で『ボン・ボヤージュ~家族旅行は大暴走~』を観てきた

ヒューマントラストシネマ有楽町 > スクリーン1 > 座席E-9 にて、19:25の回を鑑賞。 ボン・ボヤージュはフランス語でも比較的よく聞く言葉、「よい旅を」。しかし、穏やかな旅でないことは、原題の『FULL SPEED』からもうかがい知ることができる。 あらすじは公式サイトに任せるとして、車の自動制御装置がabortし速度維持システムが解除で...

NO IMAGE

ヒューマントラストシネマ渋谷で『バイバイマン』を観てきた

ヒューマントラストシネマ渋谷 > スクリーン3 > 座席E-5 にて、14:20の回を鑑賞。 「考えるな 言うな 考えるな 言うな ……」という文字列がフライヤーで光を放つ映画。今までにありそうで無かったホラー映画ということで、渋谷に足を運ぶ。平日の昼間にも拘らず、学生や老夫婦など年代問わない客層。そして、席の9割くらいが埋まる。映画館の未来は明るい。...

NO IMAGE

ヒューマントラストシネマ有楽町で『それいけ!アンパンマン ブルブルの宝探し大冒険!』を観てきた

ヒューマントラストシネマ有楽町 > スクリーン2 > 座席A-3, A-4, A-5 にて、13:25の回を鑑賞。 もうすぐ4歳の娘にアンパンマン映画のリベンジをさせようと映画館へ行く。前回のそれはいまいちだったので、内容にも期待して。珍しく昼過ぎのスタートだ。 今回の映画の主役はカレーパンマンとブルブル。何にでも臆病で一歩が踏み出せないブルブル...

NO IMAGE

キネカ大森で『お嬢さん』を観てきた

キネカ大森 > スクリーン3 > 座席C-4(但し自由席) にて、18:40の回を鑑賞。 サラ・ウォーターズの小説『荊の城』が原作。パク・チャヌク監督作品。1930年代の日本統治下の韓国を舞台にしている。スラム街の詐欺師集団が、韓国にある日本の富豪一家の財産をせしめようと企てるサスペンス作品である。 予備知識無しなので、R18+ということも知らず...

NO IMAGE

ヒューマントラストシネマ有楽町で『メットガラ ドレスをまとった美術館』を観てきた

ヒューマントラストシネマ有楽町 > スクリーン1 > 座席E-12 にて、9:30の回を鑑賞。 ニューヨークにあるメトロポリタン美術館にて、2015年5月に開催された企画展『China: Through The looking Glass』の舞台裏を追うドキュメンタリー映画。メトロポリタン美術館のキューレターであるアンドリュー・ボルトンと、本美術館の理...

NO IMAGE

ヒューマントラストシネマ有楽町で『エルミタージュ美術館 美を守る宮殿』を観てきた

ヒューマントラストシネマ有楽町 > スクリーン1 > 座席E-16 にて、11:25の回を鑑賞。 美術館といえば、日本国内だと西洋美術館、近代美術館、上野の森美術館とか、さっと脳裏をかすめるが、世界規模だと、ルーブル美術館に次いで、パッとエルミタージュ美術館が浮かぶのではないか。 映画の構成としては、エルミタージュ美術館の生い立ちと所蔵品を順を追...

NO IMAGE

ヒューマントラストシネマ有楽町で『はじまりへの旅』を観てきた

ヒューマントラストシネマ有楽町 > スクリーン2 > 座席E-6 にて、18:35の回を鑑賞。 事前予告では、サバイバル一家の活動劇な印象を持っていたが、実際は全く異なる、そこそこヘビィな内容だった。 ボウドヴァンが鹿を狩りその心臓を食べることで、大人の仲間入りをしたところから物語は始まる。ベンの子供たちが計6人、アメリカ北西部の山奥で自給自足の...

スポンサーリンク
広告_レクタングル(大)
広告_レクタングル(大)