LIQUIDROOMでTHE HELLO WORKS『PAYDAY ’08』に参戦してきた

スポンサーリンク
広告_ビッグバナー

in 恵比寿LIQUIDROOM! 行ってきましたよ、PAYDAY。17時開場で18時開演。ちょっとだけ早い!? でも、終わったのは22時ちょこっと前だよ。ガチ約4時間だよ。昨今のライブ事情から考えても、ちょいと想像のできないことだよ。満足満足。

セットリストとか、まぁどうでもよし! ヤバ過ぎ観点から要所をピックアップしていこう。まずは、なんと云っても”ドゥービー三部作”。『ドゥビドウWHAT?』、『クライング ドゥービーマン』、『アフター ドゥービーヌーン』のことらしいんだけど、今日まで知らんかった。三部作だったなんて。そんなことはさておき、まさかの懐メロヒットパレードだよ。この後に、『from 喜怒哀楽』なんて続いちゃったりするもんだから、まさかのうれし泣きダダ漏れ。『GET UP AND DANCE』もね、意外すぎて素敵すぎた。

次だ、次。『ライツカメラアクション』でコール&レスポンスがちゃんと返ってきたこと! ←当然なのに感動した。以前記した『「40歳問題」連動コンサート』では、それはもう泣けるような展開だった。だからこそ、今日は断然映えていた。つか、本人たちもホームだー、ホームだー、云ってたくらいだから、やっぱり心には残っていたんだろうね。

緩急の織り交ぜられたライブ、PAYDAY。来年もきっとあるだろうし、間違いなく必ず参加するぞ!