「 音楽(ライブ) 」一覧

スポンサーリンク
広告_ビッグバナー
NO IMAGE

LIQUIDROOMでスチャダラパー『暮れの元気な5あいさつ(KG5)』に参戦してきた

毎年12月は恵比寿のLIQUIDROOMでのライブ、定番化してきた“暮れの元気なごあいさつ”。12月のライブはこれで13年連続、らしい。過去の記事をサルベージしてみると、見事に初回から参加していた。一発目は、『con10po TOUR』。これが、2006年。ここから『PAYDAY』となり、『暮れの元気なごあいさつ』へと繋がっていく。 順番はA60番台、...

NO IMAGE

日比谷野外音楽堂でスチャダラパー『メロディフェア~春の発表会~』に参戦してきた

春恒例となったスチャダラパーの日比谷野音ライブ。今年は、メロディフィエアの会員になり先行予約をしたのにチケットの引換を忘れるという致命的なミスを犯し、後日の別の先行販売でチケットを手に入れることに。一月とはいえ、会員費が……。というのはもう忘れ去って、B7列を確保した。ほぼ中央の席。 春の発表会ということで順番通りの開催。 千紗子と純太、D.A....

NO IMAGE

LIQUIDROOMでスチャダラパー『暮れの元気なごあいさ2²(KGGⅡ²)』に参戦してきた

12月は恵比寿のLIQUIDROOMでのライブ、定番化してきた“暮れの元気なごあいさつ”。このライブを境に師走が一気に加速する。そんな境界の隙間を埋めてくれる。整理番号は、A90番台、遅めで心配だったがANI側最前列を余裕でゲット。 オープニングアクトはサ上とロ吉。『フリースタイルダンジョン』を開始当初から見ているせいか、何だかサイプレス上野が芸能人的...

NO IMAGE

日比谷野外音楽堂でスチャダラパー『スチャダラパー・シングス』に参戦してきた

春恒例となったスチャダラパーの日比谷野音ライブ。昨年のLIQUIDROOMのライブ『暮れの元気なごあいさⅢ(KGGⅢ)』にて告知のあった、SCHADARAPARR THINGS。 物販のために13:30に日比谷公園に向かう。そして、現地到着しチケットを忘れたことに気付く。ひとまず予定通り、EP『スチャダラパー・シングス』、『余談 スチャダラパー・シング...

NO IMAGE

LIQUIDROOMでスチャダラパー『暮れの元気なごあいさⅢ(KGGⅢ)』に参戦してきた

12月は恵比寿のLIQUIDROOMでのライブ、定番化してきた“暮れの元気なごあいさつ”。整理番号は、A20番台、余裕の最前列。SEX山口がクリパソングで出迎えてくれた。オープニングライブは、KASHIF。BluetoothをOFFにしていてシンセが鳴らないとかのハプニングもありつつも、流暢なMCと落ち着きのあるギターサウンドで身体が包み込まれていく。 ...

NO IMAGE

日比谷野外音楽堂でスチャダラパー『スチャダラパーライブ 2017年 野音の旅』に参戦してきた

春夏恒例となったスチャダラパーの日比谷野音ライブ。一昨年の25周年記念ライブ、昨年のLB春まつり、と比較すると今年はとくに節目の年というわけではなく、いつもどおりの野音ライブ。でも、例年通り座席は埋まっていた。 開場後に物販に向かおうと思っていたら、リハーサルの長引きで30分遅れての開場となった。それでも、余裕を持って『セブンティーンEP』、および『余...

NO IMAGE

LIQUIDROOMでスチャダラパー『暮れの元気なごあいさ2(KGGⅡ)』に参戦してきた

毎年おなじみのスチャダラパーの恵比寿はLIQUIDEOOMでのライブ、今回はワンマンライブとなっている。整理番号は、A10番台。去年とは違い、今年はしっかりと16時開場を頭に叩き込んでいたおかげでBOSE側最前列を確保することができた。SEX山口のDJが在ることで開演までの1時間はあっという間だった。 まずは幕が上がり、一発目のMCではしっかりと生存確...

NO IMAGE

日比谷野外音楽堂でスチャダラパー『スチャダラ2016 〜LB春まつり〜』に参戦してきた

会場限定のBOXセット『1/1000PACK』と『余談 ~三代目J余談ブラザーズ~』を手に取り会場入り。B1-60番台で、「A列じゃなかったかぁ」と思っていたが、前は開けておりとても好座席だった。珍しくBOSE側。 『Little Bird Strut』で始まり、『GET UP AND DANCE』で終わるというLBまつりな流れ。 サイプレス上野...

スポンサーリンク
広告_レクタングル(大)
広告_レクタングル(大)