「 音楽(ライブ) 」一覧

スポンサーリンク
広告_ビッグバナー
NO IMAGE

日比谷野外音楽堂でスチャダラパー『スチャダラパー・シングス』に参戦してきた

春恒例となったスチャダラパーの日比谷野音ライブ。昨年のLIQUIDROOMのライブ『暮れの元気なごあいさⅢ(KGGⅢ)』にて告知のあった、SCHADARAPARR THINGS。 物販のために13:30に日比谷公園に向かう。そして、現地到着しチケットを忘れたことに気付く。ひとまず予定通り、EP『スチャダラパー・シングス』、『余談 スチャダラパー・シング...

NO IMAGE

LIQUIDROOMでスチャダラパー『暮れの元気なごあいさⅢ(KGGⅢ)』に参戦してきた

12月は恵比寿のLIQUIDEOOMでのライブ、定番化してきた“暮れの元気なごあいさつ”。整理番号は、A20番台、余裕の最前列。SEX山口がクリパソングで出迎えてくれた。オープニングライブは、KASHIF。BluetoothをOFFにしていてシンセが鳴らないとかのハプニングもありつつも、流暢なMCと落ち着きのあるギターサウンドで身体が包み込まれていく。 ...

NO IMAGE

日比谷野外音楽堂でスチャダラパー『スチャダラパーライブ 2017年 野音の旅』に参戦してきた

春夏恒例となったスチャダラパーの日比谷野音ライブ。一昨年の25周年記念ライブ、昨年のLB春まつり、と比較すると今年はとくに節目の年というわけではなく、いつもどおりの野音ライブ。でも、例年通り座席は埋まっていた。 開場後に物販に向かおうと思っていたら、リハーサルの長引きで30分遅れての開場となった。それでも、余裕を持って『セブンティーンEP』、および『余...

NO IMAGE

LIQUIDROOMでスチャダラパー『暮れの元気なごあいさ2(KGGⅡ)』に参戦してきた

毎年おなじみのスチャダラパーの恵比寿はLIQUIDEOOMでのライブ、今回はワンマンライブとなっている。整理番号は、A10番台。去年とは違い、今年はしっかりと16時開場を頭に叩き込んでいたおかげでBOSE側最前列を確保することができた。SEX山口のDJが在ることで開演までの1時間はあっという間だった。 まずは幕が上がり、一発目のMCではしっかりと生存確...

NO IMAGE

日比谷野外音楽堂でスチャダラパー『スチャダラ2016 〜LB春まつり〜』に参戦してきた

会場限定のBOXセット『1/1000PACK』と『余談 ~三代目J余談ブラザーズ~』を手に取り会場入り。B1-60番台で、「A列じゃなかったかぁ」と思っていたが、前は開けておりとても好座席だった。珍しくBOSE側。 『Little Bird Strut』で始まり、『GET UP AND DANCE』で終わるというLBまつりな流れ。 サイプレス上野...

NO IMAGE

LIQUIDROOMでスチャダラパー『暮れの元気なご挨拶(KGG)ツアー2015』に参戦してきた

スチャダラパーのデビュー25周年アニバーサリーイヤーの最後を飾るこのライブ! 場所はお馴染み、恵比寿のLIQUIDROOMです。整理番号は、A19。最高の番号を、例年のごとく17時開場だと思い込んでいたせいで無駄にしてしまった。16時開場って! 罠過ぎる。 新曲も多く、MCも相変わらずとても多い。セットリストも「お! 聴いたこと無いぞ」と感動も少なく、...

NO IMAGE

日比谷野外音楽堂でスチャダラパー『華麗なるワンツー』に参戦してきた

グッズ購入を華麗にこなし野音にやって来た。新アルバムと王道トラックからのフローとリリックが響く。 ゲストも、電気グルーヴや小沢健二といった馴染みの面々。でも、客観的に見ると、かなりすごいゲストだよね。当たり前になってきたのも、スチャダラパーのライブを定期会としているおかげ。体調がすこぶる悪かったけれど、今日は席でゆっくりと眺め、満足感のあるライブを終え...

スポンサーリンク
広告_レクタングル(大)
広告_レクタングル(大)