スポンサーリンク
広告_ビッグバナー
NO IMAGE

ニッショーホールで『第6回 ショートショートムービーフェスティバル(SSMF) 本戦(東京)』を観てきた

ヨーロッパ企画の映画祭、『ショートショートムービーフェスティバル』。その第6回大会に足を運んできた。少し雲が目立つが、十分な晴れ模様。滅多に降りることのない虎ノ門駅、そこからニッショーホールを目指した。 司会はヨーロッパ企画の上田さんと中川さん。そして、ゲスト審査員はカブキロックス(氏神一番)だ。第6回ということもあり、テーマはロック。文字通り、6にな...

NO IMAGE

日比谷野外音楽堂でスチャダラパー『スチャダラ2010 ~オールスター感謝祭~』 に参戦してきた

スチャダラパー20th. Anniversaryというわけで、スチャダラパーがメジャーデビュー20周年をついこの間迎えた。そんな日を記念しての感謝祭的ライブが、5月9日の15:30から20:00まで日比谷大音楽堂(野音)で行われた。一言で感想を投げると、ホントにお祭りでした。今後こういう場は絶対に生まれないだろうなぁ、というくらいの盛大なものだった。すごすぎ...

NO IMAGE

109シネマズ(川崎)で『アリス・イン・ワンダーランド』を観てきた

TOHOシネマズで観た『タイタンの戦い』、コレはXpenD方式だった。そのまま、駅をまたぎラゾーナ川崎へ向かう。109シネマズを目指して。『アリス・イン・ワンダーランド』がターゲットだ。3D方式は、IMAX-3D。日本に4館しかない、IMAX-3D対応映画館。そのうちのひとつがここ、川崎の109シネマズだ。 IMAX-3Dは、直前にXpenD方式を体験...

NO IMAGE

TOHOシネマズ(川崎)で『タイタンの戦い』を観てきた

川崎のTOHOシネマズでの鑑賞、3D映画だった。XpanD方式の3D。この方式は、映画館が3D対応でなくても3D映画を楽しめるという代物。映画館にとってはうれしい方式だね。キーポイントは3Dメガネにある。このメガネは電子シャッター式で、左右の微妙にズレのある映像を交互に映写し、シンクロさせる方式。少しだけメガネは重くなる。電池が入っているからね。 さて...

NO IMAGE

チネチッタで『月に囚われた男』を観てきた

チネチッタにて、5月7日の金曜日に公開終了する、ということで駆け足で滑り込み鑑賞した。500万ドルと、あまり予算をかけていないと聞く。その程度の予備知識。 サム・ベルは3年間という約束で月で採掘の仕事を行っていた。地球には彼の妻とその娘が暮らしている。定期的に受けるビデオメッセージに励まされ、仕事に尽力する。期間の3年まであと2週間というところで、彼は...

NO IMAGE

TOHOシネマズ(シャンテ)で『プレシャス』を観てきた

『17歳の肖像』に引き続き、日比谷のシャンテにて19:45の回で観た。予備知識無しだったため、例えばマライア・キャリーが出演しているとか、"プレシャス"が人名であることとか、全く知らなかった。"貴重"とか、そういう意味合いの"precious"かと思っていた。と書きつつ、あながち外れではなかったのだけれど。 クレアリース・"プレシャス"・ジョーンズは、...

NO IMAGE

TOHOシネマズ(シャンテ)で『17歳の肖像』を観てきた

TOHOシネマズ シャンテに掲題の作品を観に行ってきた。旧シャンテ・シネ、日比谷のあそこだ。16:40の回、シネマイレージデイ&ゴールデンウィークだからだろうか、客入りは結構なもの。時間ぎりぎりにチケット購入したため、多少前入りしていた方々に迷惑がかかってしまった。単館系は人気のある作品だと、こういうことも起こっちゃうよね、改めて反省です。 さて、ネタ...

NO IMAGE

TOHOシネマズ(川崎)で『ライアーゲーム ザ・ファイナルステージ』を観てきた

水曜日だけど、レイトショウ割引を使って観てきたよ。観賞場所は、川崎のTOHOシネマズ。レイトショウだからなのか、終焉間近だからなのか、プレミアムシートという豪奢なシートを提供された。お客さんは計10人くらい。余裕を持って観ることができました。 本作の原作は、甲斐谷忍のコミック『ライアーゲーム』。巨額のマネー(○億円単位)を賭けて、参加者が知恵を振り絞っ...

スポンサーリンク
広告_レクタングル(大)
広告_レクタングル(大)