シネ・リーブル池袋で『劇場版しまじろう まほうのしまのだいぼうけん』を観てきた

スポンサーリンク
広告_ビッグバナー

シネ・リーブル池袋 > スクリーン2 > 座席I-6~8 にて、13:00の回を鑑賞。今日は映画の日&春休みということで、とっても人が多い。

去年観た『劇場版 しまじろうのわお! しまじろうとにじのオアシス』では途中リタイアだったので、1年越しのリベンジ。子供の1年は大人で言う数年の密度、さすがに平気だろう。

入場時にプレゼントとしてメガホン型の“ほしのステッキ”としまじろうサンバイザーを受け取り劇場内へ。今年はしまじろう30周年記念ということで、映画も特別版。パペットアニメなどはなく、全編アニメーションだった。ただし、途中6分の休憩を挟むことや、映画館内の照明は程よい明るさで、声を出して泣いても笑ってもOKというのは変わらず。

映画としてはやっぱり王道で分かりやすい構成。しまじろうたちがガオガオさんの研究室を訪れイベントが発生するのだが、今回はしまじろうのママも巻き込まれるという少し変化のある展開に。大人が加わることで、子どもの想定外の行動と大人の想定から絶対に外れようとしない行動が対比でき、大人目線でも楽しめる。

30周年記念ということで、クロネコ三兄弟を彷彿とさせる三兄弟(狼?山猫?)が登場したり、らむりんがカメオ出演したりと、『しましまとらのしまじろう』時代を懐かしむことができる。自分自身も懐かしく感じるところがあり、文字通り大人も子どもも楽しめる映画となっていた。

『劇場版しまじろう まほうのしまのだいぼうけん』のパネル展示

公式サイト: 劇場版しまじろう「まほうのしまのだいぼうけん」 – しまじろうクラブ

評点: (8.5/10)