ヒューマントラストシネマ有楽町で『それいけ!アンパンマン ブルブルの宝探し大冒険!』を観てきた

スポンサーリンク
広告_ビッグバナー

ヒューマントラストシネマ有楽町 > スクリーン2 > 座席A-3, A-4, A-5 にて、13:25の回を鑑賞。

もうすぐ4歳の娘にアンパンマン映画のリベンジをさせようと映画館へ行く。前回のそれはいまいちだったので、内容にも期待して。珍しく昼過ぎのスタートだ。

今回の映画の主役はカレーパンマンとブルブル。何にでも臆病で一歩が踏み出せないブルブルに対し、カレーパンマンが宝探しの旅の中で、その一歩を強く後押しする。カレーパンマンがバイキンマンに捕まってしまった後、ブルブルはカレーパンマンと歩んだ道を思い出し勇気を出し行動に移していく。

とても分かりやすいテーマ性、ストーリーも破綻しておらず安心して子どもと共に観ることができた。前回とは打って変わっての好印象。

そういや、娘はブルブルが勇気を振り絞って頑張っているところから、「涙が出ちゃった」とこぼしていた。映画が終わった後に顔を見てみると、たしかに涙を流している。冗談かと思ったよ、その言葉に。子どもの心を揺さぶる映画、良い時間を受け取れました。

公式サイト: それいけ!アンパンマン ブルブルの宝探し大冒険!

評点: (9/10)