ヒューマントラストシネマ有楽町で『ギリシャに消えた嘘』を観てきた

スポンサーリンク
広告_ビッグバナー

有楽町イトシアにある、ヒューマントラストシネマ有楽町にて、11:25の回を鑑賞。

パトリシア・ハイスミスの推理小説『殺意の迷宮』が原作。1964年刊行であるため、相当な月日を経ての映像化。

王道な展開であるのだが、最近の作品とは思えない世界観、既視感をおぼえる。ヒッチコック作品を思い出させる。そのため、ストーリーを追うとともに、映像から雰囲気を楽しむ映画と感じた。

そして、キルスティン・ダンストに目を惹かれたのでした。

評点: (5/10)