LIQUIDROOMでTHE HELLO WORKS『PAYDAY ’10』に参戦してきた

スポンサーリンク
広告_ビッグバナー

掲題のライブに行ってきた。場所は、恵比寿のLIQUIDROOM。もう、師走恒例となってきた様相。さて、チケットの演者を見ると、THE HELLO WORKSの他に、脱線3、かせきさいだぁ≡、川辺ヒロシ、タケイグッドマン、スドウカズヒロ、とある。去年とは打って変わって内輪な感じ。期待に胸を膨らませつつ、整理番号7番のチケットを片手に余裕の遅刻で会場入りした。社会人だからしょうがない……。

結果、今回のPAYDAYはプチLB祭と言って良かった。とはいえ、あの日比谷公会堂とかには行けてないので、モノホンを知る由は無いのだけれど。最初はかせきくん&ハグトーンズ。かせきくんは、初っぱなから歌詞飛んじゃって、TAKE2をやっちゃう始末。どっとハコが暖まった。お次は脱線3。『バカが戦車でやってくる』でガンガン攻める。締めは、『秘密の暗号やしきたかじん』。たかじんコールしてました。目の前で脱線見られるとは! やっぱり、LIQUIDROOMの広さは最高です。そうそう、ゲストとしてタケイグッドマンがここで登場していた。彼が登場するだけで空気がガラリと変わるカオスっぷりはさすがです。

そして、お待ちかねのハロワの登場。慣れちゃっているせいか、とっても安心で盛り上がれる。合間合間のトークはやっぱりいいね。海老蔵事件からのアニの「歌舞伎は嫌い」発言、そして次の曲に移るタイミングで歌舞伎のポーズ。ボーズがその姿を見て、素で笑っていたのは印象的。

ついにやってきました、アンコール。トラックは、『GET UP AND DANCE』。そこにドシドシ押し寄せる局部的に有名な面子。今までに登場した、かせきくん、脱線3に加えて、トンペイズ、TOKYO No.1 SOUL SET、THE CARTOONS。 アンコール前ラストの『今夜はブギーバック』が吹き飛んでしまう勢い。俊美のあのフレーズは反則的にゾクゾクっと来ちゃう。「なつかしいはずの~」。

気付いたら、23時を回っていました。18時開場だから……、5時間いたことになります。さすが、スチャダラパー20周年、内輪向けイベント! ボリュームたっぷり過ぎて満腹でした。明後日くらいになったら、麻薬的な禁断症状出ちゃうんだろうなぁ。どうしよう、空腹感。それは、ボーズの言葉に託そう。「来年こそはハロワで何かやっちゃうよ」。