ブディストホールで『夏の夜の夢のよう~朝が来る前に妖精を消せ~』を観てきた

スポンサーリンク
広告_ビッグバナー

場所は、築地の本願寺ブディストホール。花歌マジックトラベラー公演。宮勝Bの回。チラシを持っている人なら分かると思うが、日時によってキャストが変更される。今回は、宮勝、タイタン所属の宮地大介とオスカー所属の勝又が舞台に上がった。敬称略。

会社の同期の演劇仲間がいるということで、颯爽と遊びに行ってみる。予備知識無しで行ったけど、シェイクスピアの各作品が元ネタになっていたのね。ふとしたことで気付く。この芝居の謳い文句は、「ギャクだらけなのに なぜか切ない オゲレツハードファンタジー」。チラシをそのまま書き写し。ギャクはギャグの誤記かしら。

さて、内容についてはまだ公演中ということもあり、ネタバレするのもアレなんで端折ります。とりあえず、予備知識無しで行くと結構面食らう内容。ここまで下ネタ押し通して、”変態の森”を表すかぁ、と。ガンガンと保たれている世界観が落とされていきながらも、確かな一本の線が最後の最後まで伸びていた。後半の畳みかけは、グッと意識を吸い込まれていた。

そんなに芝居を観ていないせいか、舞台上で繰り広げられる下ネタ劇に気持ちがなかなかついていかなかったけれど、こういう展開もありなんだね。テレビで編集された囲われた世界では表現できないことを、舞台上にて生で表現できる素晴らしさ。妖精? と言い、おかしくも奇妙な世界を体験することができた。

スポンサーリンク
広告_レクタングル(大)
広告_レクタングル(大)

シェアする