ムービルで『イングロリアス・バスターズ』を観てきた

スポンサーリンク
広告_ビッグバナー

10時30分出勤、18時15分退勤という、何やら健康的な就業時間。職場を出たその足で横浜のムービルに行ってきた。久しぶりの横浜での映画、やはり今日も人でごった返していた。

ブラピだ、ブラッド・ピットだわーい、しかもタランティーノって有名じゃない? これ、観るしかなくなくない? とワイワイ行ったら間違いなく泣きを見る。冒頭から頭の皮をはぎ出すし……、たぶんここでシーンとなるはず。

しかし、さすがシリアスコメディ。ピンポイントに飽きさせない。ここでくるか? くるのか? ジリジリと観る側をなぶり続け、どっかーんとやるのは痛快。自称B級映画大好きっ子は伊達じゃない。

キャストでは、メラニー・ロランとクリストフ・ヴァルツの掛け合いが最高! このふたりでこの映画の8割はできあがっていると言っても過言ではない。……よね、きっと。

2時間半はあっという間だったけど、合わない人はホント合わない。テンポは思ったよりも速くないし、中盤でだらけちゃう人も出そう。

見終わった後に、「おー……、なんだこれなんだこれ」と思えたら、たぶん楽しめた証拠!

評点: (7/10)

スポンサーリンク
広告_レクタングル(大)
広告_レクタングル(大)

シェアする