日比谷野外音楽堂で『ザンジバルナイト in 野音 ’09』に参戦してきた

スポンサーリンク
広告_ビッグバナー

毎月一度はクラブorライブ! ってことで、今月は掲題のそれに行ってきたよ。ザンジバルナイト! 実は生まれて初めての野音体験だったりする。行ってビックリ、あんな街中にあるんだね。異質な空間、盛り上がった熱気は空に吸い込まれ青空が笑いかけてくれる空間。そんなわけで、Aの3列目、超超良席だった。Aの1列目は存在しないので、実質2列目。あの位置はまさに奇跡だったね。

さて、一発目はゾノネム! カンニングスタイル。リリックカンニングしてるの。紙に書いてあるの見てるの。いいのそれ!? でも、場は和んだ、暖まった。んで、SAFARI登場。インパクトありまくり。とにかく場を楽しんでる気持ちがとっても伝わってきた。最後のスティック投げ。飛びすぎです……。さて、会場設営変更の場つなぎ? としてウクレレえいじがいつの間にか現れていた。細かすぎてわかりにくい物まねがドンドン繰り広げられる。いや、ホント細かい。『七人の侍』、『用心棒』、『初恋の来た道』の映画ネタはわかったが、いい旅夢気分のような番組のとある一コマはもう想像するしかない。で、分かっているような気になるのだ。細かすぎて伝わらないのだけれど、伝わったように見せかける技術。さすがです。

ウクレレえいじが去った後にステージに上ったのはTOKYO MOOD PUNKS(リリー・フランキー、富澤タク a.k.a 遅刻(グループ魂)、笹沼位吉(SLY MONGOOSE)、松田 “chave” 岳二(CUBISMOGRAFICO)、松下敦(ZAZEN BOYS)から成る5人組、でも今日はパーカッション不在)。リリフラの下ネタトークは若干控えめ、その分の熱唱だった。あのギャップがたまらない。眠そうな顔してやるところでやる。かっこよす…。さて、ここでトイレに立ちました。さくっと済ませ席に戻ると、ハマケンこと浜野謙太が舞台に立っていた。ヤンチャで踊れてちょっと痛い、そんな人物。知らなかったんだけど、今日知って新たなる発見、おもしろいね!

んで、次が確かSLY MONGOOSE。トランペットの音が屋外のせいか散ってしまっていたのがちょっと残念。でも、ズンズン体の奥から突き上げられる鼓動は心地よい。ライブハウスとはまた違った側面をみることができた。というか、明るいところで初めて見た! それがいちばんの新鮮さ!! そんな彼らの後は銀杏BOYSの峯田 和伸。一曲目は『ベロチュウ』。大丈夫なの!? と思ってたけれど、全然安心。つか、全曲落ち着いていた気がする。いい意味で裏切られた感じ。MCの”弟の結婚式の話”が楽しく、印象に残った。

ここから、出演アーティストリストはだいぶあやふやになってくる。次はたぶん清水ミチコ。場つなぎ役で出るの!? と思っていたら、いえいえそんなことはありません、と嬉しい誤算。物まね特集なんだけど、声量あって巧いの。井上陽水とか、もう迫力ありまくり。物まねCD発売において許可が下りなかったある方もやってくれたりと、豪華な内容でした。再度のウクレレえいじ場つなぎの後に登場したるは箭内道彦&斉藤和義&リリフラ。一曲行った後は、斉藤和彦のソロセッション。初めて眼前で見たんだけれど、ちょっと感動しちゃった。かなり昔から知っている歌手なだけに、ね。目をつぶってまったりと聴いていた。『ベリーベリーストロング ~アイネクライネ~』とフィッシュストーリーのED『Summer Days』が良かったなぁ。『ベリーベリーストロング ~アイネクライネ~』は機会があったら買っちゃいそう。

んで、TOKYO No.1 SOUL SET! かっこいいよぉ。もう、ずっとみとれてた。だって、かっこいいんだもん。改めてアルバム借り直すって決めた。んで、場つなぎに……猫ひろし!! がんがん客席に飛び込んでくる。というか、客席を歩いてた。みんなタッチしまくり。にゃーにゃー叫んで、開場が暖まっていよいよサイプレス上野とロベルト吉野登場。一気にスチャダラパーへの流れができあがる。そういえば、だいぶ”プッチャハンズ指数”の認知度は上がってきたのかな? みんなスタンドアップし、より体が温まる。そして、今回の主役スチャダラパー登場。お馴染みのイントロからスタート、新曲、旧曲交えつつ、スチャダラパー+木村カエラへ……。

木村カエラちっこい! 顔ちっこい! 体のラインすらり! 生カエラになんかすごくホント感動しました。sakusakuの初めて木村カエラが登場したときが最初の出会い。気付けば歌手になっており、気付けば舞台に立っていた。んで、気付けばスチャとコラボってた。好きなアーティストがコラボ。それが目の前で演ってくれる。素敵すぎる。さて、発売当初は微妙かも……と思っていた『Hey! Hey! Alright』がとてもいい曲に聞こえる不思議。生演奏はやっぱり違う。その後、おまけに『Jasper』をセッションしてくれたよ。電気絡みなだけにやってくれることの想像は付いていたが、やはり実現しちゃうとこれまた嬉しい悲鳴だね。最後は、ハロワ&ハナレグミで〆! これまた定番となったTHE HELLO WORKS with ハナレグミ『今夜はブギーバック』が最後の一曲。

羅列の嵐だけど、まさかこんな文量になるとは。アーティスト出演順間違ってるだろうなぁ。でも、内容はあってるんでよし! 推敲もしない! そんなわけで、今日は、とってもザンジバル”ナイト”でした。14:30~20:30とか、もう激しすぎ♪