C.C.Lemonホールで『「40歳問題」連動コンサート』に参戦してきた

スポンサーリンク
広告_ビッグバナー

表題のやつに行ってきた。帰宅は23時半くらい。

参加アーティストはスチャダラパー、浜崎貴司、スネオヘアー、青りんごズ(リリー・フランキー×箭内道彦)、桜井秀俊、大沢伸一。超豪華じゃん! 青りんごズは今回のためだけに組んだユニット。リリーがどんな話すんだろう、そこら辺が期待大だった。場所は渋谷C.C.Lemonホール(旧渋谷公会堂)。

渋谷到着が16時45分くらい。ホールまで徒歩10分くらいだから、開場17時にはいい感じだ。だが! 外に出たとたん、ものすごい土砂降りに遭う。なぜ、俺が外に出たと同時に降り出すかな。ちなみに、この雷雨が影響となって、前述のダイヤの大幅な乱れが発生した。泣く泣く傘を購入し、だらだらとアスファルトを這う水をかき分け慎重に進み目的地に向かう。着いたのは17時15分。まさかの遅れ。

コンサートの中身はさらりと書いちゃうよ。なんでかって? このコンサートねー、この会場に間違いなく向いてなかった。出演者見たらよう分かるよね。絶対にライブハウスでやるべきだった。というわけで、印象に残ったベスト3&スチャのリストを記そう。

ひとつめ→スネオヘアーの下ネタの心地よさ。これは、MCでファンになってしまう。

ふたつめ→リリーの遅刻、そしてのらりくらりとした喋りの心地よさ。おかげで時間がかなりおしてしまうことに。

3つめ→ラストの大沢の伸ちゃんの行動が演出なのかマジなのか気になったこと。間違いなく後者だったと思う。

さて、最後に大切なスチャのリストです。1曲目は『ライツカメラアクション』。BOSEが「ライツカメラって云ったらアクションって返してねー、恥ずかしいけどよろしく!」云ってたけど結果は悲惨だった。2曲目は『0718アニソロ(恐怖の大天才 再臨・TUCKER公開処刑mix)』(『Detroit Metal City -Tribute to Krauser II the metal mix-』より)。俺自身、ここでコレだすのかよ! って思った。だって、トリビュートアルバムのトラック……。持ってて良かった俺。でも、案の定、まわりはぽかーんとしてた。3曲目、且つラストは『Good Old Future』。アレですよ、東京メトロ副都心線のCMソングです。初めてフルで聞けたんでちょい満足。でも、MCで『Good Old Future』の裏話を話してたんだけど、副都心線が不具合続きで、こんな状態でCMを流し続けちゃあかんだろうってことで、一気にCM打ちきりになって、曲もそんなに露出できなかったとか。せっかく、ドラマのエンディング『ライツカメラアクション』、CMソング『Good Old Future』でググッとスチャ評価が上がってくると思ったのに!

あと、ファン層が思いっきり分散&コンサートホールにラップが合わない、そのため雰囲気は正直きつかった。ラップやってる自分らを座って見られるって相当辛かっただろうなぁ。大昔、BOSEがライブで云ってたことを思い出した。「なんで座ってみてるのー?」、立たない客。「え? なんで座ってみてるのー? 立とうよー」、やっぱり立たない客。トラックは進んでいく……。今日見ていてその映像が頭をよぎった。

コンサート総括。全体的に出演者ががんばってテンションを上げていた雰囲気。やっぱり、座って見るってタイプのコンサートじゃなかったっていうのが痛かったなぁ。このホールって21時以降、音出しちゃいけないんだってね。だから、時間おしたら後を削るしかない。たぶん、削られたと思うんだ。後半の方……。

『C.C.Lemonホールで『「40歳問題」連動コンサート』に参戦してきた』へのコメント

  1. […] レスポンスがちゃんと返ってきたこと! ←当然なのに感動した。以前記した『「40歳問題」連動コンサート』では、それはもう泣けるような展開だった。だからこそ、今日は断然映えて […]