ユナイテッド・シネマ(長崎)で『マルホランド・ドライブ』を観てきた

スポンサーリンク
広告_ビッグバナー

この映画は1回観ただけじゃ、理解できないと思う。というか、理解できる人が少ないと思う。人の捕らえ方によっては、幾通りもの解釈ができる映画だろう。すっきりしていて、単純な映画が好きな人には、向かない映画であり、個人のタイプによって好き嫌いが激しくなる映画だと思う。監督はデイヴィット・リンチで、『ツイン・ピークス』や『ロスト・ハイウェイ』の監督でもある。まぁ、この監督は所謂、異端であり理解しがたい作品も多い。『マルホランド・ドライブ』は、その中ではすっきりとしており、見終わった後に、すっきりしないがすがすがしさが残る作品だった。

マルホランド・ドライブはハリウッドへ続く道であり、その名称の通り、ハリウッドを憧れる女性の憧れる幻想・妄想とそれを打ち砕く現実をいろいろな複線、映像描写で描き出している。話は大きく、前半部分、後半部分に分かれていて、ブルーキーとブルーボックスがひとつのキーポイントになってくる。そのブルーキーとボックス、前半部分と後半部分を比較対照したときに出て来る登場人物と、その疑問。自分なりの解釈が導き出せた時、この映画の別のおもしろさが再び沸き立ってくる。

評点: (10/10)

スポンサーリンク
広告_レクタングル(大)
広告_レクタングル(大)

シェアする