ユナイテッド・シネマ(長崎)で『ラットレース』を観てきた

スポンサーリンク
広告_ビッグバナー

ラスベガスのカジノのスロットで偶然にも”あるコイン”を手に入れた8人の男女が、賞金の200万ドルをかけて、目的地のニューメキシコのシルバーシティまで競争するゲーム。ルールは何でもありなレース。

これは、期待して行かなかった(ローワン・アトキンソン目当てのみ)んだけど、意外とおもしろかった。こういうジャンルはホント当たり外れが多いんだけど、結構当たりな感じかなって思った。というか、期待していってたら、期待はずれだったかもw キャラ立ちはばっちしだったし、コメディの要所要所は押さえてた。ただ、ラストが甘かったかな。それと、お客さんいなすぎ……。日本での興行収益はめちゃ低いと思う。

評点: (8.5/10)

スポンサーリンク
広告_レクタングル(大)
広告_レクタングル(大)

シェアする