ユナイテッド・シネマ(長崎)で『WASABI』を観てきた

スポンサーリンク
広告_ビッグバナー

今日は『wasabi』に行ってまいりました。あらすじについて。ジャン・レノ扮するフランスの刑事さんには、19年前に惚れ込んだ日本人のミコという女性がいました。その女性は、19年前に唐突に刑事さんの前から姿を消します。――それから、19年後の今。ミコが死んだとの情報が舞い込んできます。刑事さんは日本に飛び、そのミコとの間の子供(つまり、娘)に出会います。そして、ミコの死に方が普通じゃないことを悟った刑事さんは、その問題解決に挑んでいきます。……当日にあらすじ書くと憶えてるなあ。

んで、正直ふしぎーーーな映画でした。さらに、オーシャンズ11よか全然上! それにしても、広末かわいかったなあ。嫌いな人は嫌いかもしれないけど、俺は好きなほう♪ ただ、最後はもっとひねって欲しかったね。それと、もっと武器とか派手に使ってくれるのかと思ったよ。

評点: (7.5/10)

スポンサーリンク
広告_レクタングル(大)
広告_レクタングル(大)

シェアする