熊本松竹で『スパイキッズ』を観てきた

スポンサーリンク
広告_ビッグバナー

もともと優秀なスパイである男女がいました。命を狙われていることも良く良くある、それはすごいスパイ。そのスパイの男女は結婚し、スパイ業からも手を引きました。時は流れ、そのふたりの間に生まれた男の子(弟)と女の子(姉)も小学生まで成長しました。ところが、父親は密かにスパイの任務を任されていて、母親はそれに気づき、結局ふたりで行動することになりました。しかし、腕が鈍ったのか捕まってしまい、子供たちが両親を救いに行くという物語です。

様々なスパイの道具が出てきて、おもしろさを増大させてくれます。ただ、全体的に軽いせいか、どれもこれも薄く感じてしまいました。特に、スパイの道具ひとつひとつが売りであるはずなのに、ぐっと目を引くものはほとんどありませんでした。でも、家族でみたらおもしろいでしょうね。個人的に大人が007を期待しながら見るような内容じゃないと思いました。

評点: (2.5/10)

スポンサーリンク
広告_レクタングル(大)
広告_レクタングル(大)

シェアする